映画 罪の声

罪の声の望はなぜ殺された?理由を詳しく解説【映画ネタバレ】

罪の声望なぜ殺された

罪の声の映画が公開初日の10/30!

レイトショーに駆け込んで罪の声を鑑賞してきました!

 

もちろん罪の声の映画の内容は最高によかったし、考えさせられる内容でした!

 

罪の声でいろいろ検索していると…

「罪の声 望 なぜ殺された?」と検索している人が多いようです!

 

確かに生島望ちゃんが殺されたシーンはありましたが、

殺された理由については具体的には表現されていませんでした。

 

確かに望ちゃんが殺された理由については分かりづらかったですね…。

 

今回は罪の声で生島望ちゃんがなぜ殺されてしまったのか、理由について詳しくまとめていきたいと思います。

罪の声で望はなぜ殺された?

罪の声で生島望はなぜ殺されてしまったのか…?

 

生島望はギン萬事件で脅迫に使われたテープの声の持ち主3人のうちのひとり。

(あとの2人は望の弟・聡一郎と、星野源演じる曽根俊也)

 

生島望の声をテープに録音したのは、ギン萬事件の首謀者であり望の父親である生島秀樹だ。

 

望の声を録音したテープを犯罪に使うとは知らされず、父親が勝手に脅迫する際にテープを使用したのだ。

 

何も知らされていない望と総一郎と母親。

ある日突然、望たちの家に知らない男がやってきた。

 

「生島は殺された。

今すぐここから逃げよう!」

望の父親が死んだ…

そう言ったのはギン萬事件犯人グループにいた曽根達也と山下だ。

 

その頃ギン萬事件がうまくいかず、思ったほどお金が手元に入ってこなかった犯人グループはイライラしていた。

グループの一員だった暴力団の青木が「株で儲けが出ないなら現金を受け取ればいい」と言い、

生島も青木の話に乗ると言い出したのだ。

 

青木のところへ話をにしに出掛けた生島だったが…

やはり生島は青木に殺されてしまい、生島を毛布にくるんで運び出すところを目撃してしまった曽根達也と山下。

 

生島の親友だった曽根達也は、望たち生島の家族もきっと痛い目に遭わせるだろうと感じ、

望たち「今すぐ逃げよう!」と逃亡を持ち掛けたのだ。

 

山下の田舎の家にいた望たち一家だったが…

望の父親を殺した青木たちに見つかってしまい、青木の会社である建設会社の寮に望・聡一郎・母親は連れてこられたのだ…。

 

学校にも行かせてもらえない。

外にも行かせてもらえない。

自分の夢も追えなくなった…。

そんな現実を受け止められずにいた望。

 

夜は母親と一緒にスナックで働き、雑用をさせられる日々…。

そんなとき、望の目に留まったのは1冊の雑誌だった。

 

ギン萬事件のことが書かれており、望の父親が録音していたあのテープは犯罪に使われたことを知ってしまう…。

 

「自分の声が犯罪に使われた」

その事実を受け止められずに自暴自棄になる望。

 

 

「わたしは映画の翻訳家になる夢を諦めたくない!」

そう思ったのでしょう…。

 

この建設会社の寮から、青木の元から脱出して自分の夢を追いかけたい!と、逃げ出すことを考えたのだ。

 

望は逃走する前に通っていた友達、幸子によく電話をしていた。

青木の元から逃げ出す決意をした望は、幸子に「ギンガの看板の前で会おう!」そう約束したのだ。

 

脱出を実行するその日。

望は最小限の荷物を持って逃げ出そうとしたそのとき!!

「どこ行くの?

勝手に外に出たら怒られちゃうよ!」と弟の総一郎に声をかけられてしまう…。

 

思わず望は「クリームソーダ食べに行かない?」と持ち掛けたのだ。

 

喫茶店で美味しそうにクリームソーダを食べる総一郎。

望はこっそり会計を済ませ「トイレに行ってくるね」と言い、逃げ出したのだ。

 

望が逃げ出したことに気づいた総一郎は、喫茶店の扉を開け

「どこに行くの?」と声を掛ける。

 

「必ず迎えに行くからね!」と大声で叫んだ望だったが…

その顔は恐怖につつまれた顔へ変化する…。

 

望が建設会社の寮から逃げ出したことがバレてしまい、

青木の仲間が追いかけてきたのだ…。

 

≪望が逃げ出し、警察に暴露でもされたらたまったもんじゃない!≫と思ったのでしょう…。

 

まだ16歳の望がダッシュしても、大人はすぐに追いついてしまう…。

あっさりと青木の仲間に捕まってしまった望…。

 

「離して!!」と望と青木の仲間がもみ合いになってしまう…。

 

そこへちょうど車が通りかかってしまい…

離して!と捕まえられた手から逃げ出そうとする望の手をパッと放してしまった青木の仲間。

 

パッと放してしまったので、望は道路へと投げ飛ばされてしまい…

車に轢かれて亡くなってしまうのだ…。

 

恐らく建設会社のトップで暴力団ボスの青木が、脱走した奴はやっちまえ!

と言っていたのでしょうね…。

 

かなり衝撃的なシーンだったので、私も胸がドキドキしてしまいました…(´;ω;`)

 

生島望がなぜ殺されてしまったのか、理由を簡潔にまとめると以下の通りです。

・望は自分の声が犯罪に使われていることを知っていた

・望が脱走し、なんらかの形で警察に青木たちの居場所がバレてしまう可能性があるから

やはり警察に捕まりたくないから、という理由でしょうね…。

 

そのためにはどんなに子どもでも痛い目に遭わせるというのが、残酷過ぎました…。

罪の声映画の生島望役は誰?

罪の声で生島望役を演じていたのは誰だったのでしょうか?

詳しく調べてみたところ、【原菜乃華】さんということが分かりました!

 

望ちゃんの演技が上手すぎて、かなり感情移入してしまいました(´;ω;`)

原菜乃華さんのプロフィールをまとめてみました。

原菜乃華プロフィール

名前:原菜乃華(はら なのか)

生年月日: 2003年8月26日 17歳

身長:161センチ

出身地:東京

 

元々子役をしていたという原菜乃華さん。

2009年から芸能活動をしていたとのことで、芸歴はすでに11年目ということになりますね。

 

特技は泣く演技とのことで、確かに望ちゃんが泣くシーンはもらい泣きしてしまうほどでした…。

さすがとしか言いようがありませんね。

 

原菜乃華ちゃんはMIU404第7話の、家出少女スゥ役で出演していました!

2人女の子が写っている画像の左側が原なのかちゃんです。

こうやって見ると、生島望役のときとは雰囲気が全然違いますね!

 

原菜乃華さんはこれからどんどん活躍していくのではないでしょうか?

今後の活躍に期待していきたいですね☆

まとめ

罪の声(映画)で望はなぜ殺されたのか?理由についてまとめました。

 

罪の声で生島望が殺されてしまった理由は以下の通りです。

・ギン萬事件の犯人グループの一員である青木の建設会社寮から逃げ出したから

・望は自分の声がギン萬事件に使われたことを知ってしまったから

・望が逃げ出すことで事件について警察に知られてしまう可能性があるから

生島望役の原菜乃華ちゃんの演技には参りました!!

 

もう一度ゆっくり観たいと思える映画でした。

 

実は望役を演じた原菜乃華ちゃんですが、

すでに出産シーン・キスシーンを演じていたことをご存じですか?( *´艸`)

 

なんと原菜乃華さんが12歳の時に出産シーンを演じたと話題になりました!

 

当時の演技について詳しく書きましたので、良かったら読んでくださいね♪

⇒原菜乃華の出産シーン・キスシーンがヤバイ!演技力が凄いと話題に

© 2020 bright-future Powered by AFFINGER5