雑記

あさりの砂抜きを一晩すると死ぬ?常温と冷蔵庫どっちがいい?

潮干狩りやスーパーではおなじみのあさり。

料理の縁の下の力持ちであり、なじみ深い食材ですよね。

お味噌汁や酒蒸し・パスタに大活躍の食材ですが、美味しく食べるには砂抜きをしなければいけません。

 

あさりは砂抜きの下処理が必要で、準備を前日に行って一晩置くのが割と一般的かもしれませんが…

あさりの砂抜きを一晩すると死ぬ?

あさりは死ぬと食べれない?

砂抜きするときは常温と冷蔵はどっちが良いの?!なんて疑問がたっぷりです(笑)

 

あさりの砂抜きの方法を間違えると砂を出さなかったり、あさりが死ぬことにも繋がります。

調理をする方は記事を最後まで読んで、美味しく食べて下さいね!

あさりの砂抜きを一晩したら死ぬの?

あさりの砂抜きを一晩置いたら死ぬのかという疑問から解消致します。

先にお伝えすると、適切な水量で一晩置いた場合は死ぬことはありません!

 

潮干狩りのあさりと、スーパーのあさりでは適切な砂抜き時間が違いますが…

どちらも一晩砂抜きしても、死ぬことはほぼありません(^^)/

 

スーパー等で多少の砂抜きがされたあさりは4時間もあればだいたいOK!

潮干狩りの場合は、一晩つけるか、6時間ぐらいしっかり砂抜きしてから調理がおすすめです!

 

砂抜き自体は一日中つけて無くても時短可能なやり方も存在しています。

お昼ごろにあさりを買って砂抜きしていれば晩御飯の時間には調理が可能です。

 

一番気を付けて頂きたいのが、「砂抜きに使う水」と「水量」です!

水道水につけるだけでは砂抜きは不完全です。

[水道水+お塩]でつけることが砂抜きにはとっても向いてますよ!

 

浸すお水の3%の塩を入れる事がコツですが(海水と同じ濃度)用意が大変!!

500mlのペットボトルにお水を入れて、キャップ2杯分お塩を入れたら3%の濃度になるのでめちゃくちゃおすすめです!!

洗い物少なくて済みますし楽です(笑)

ネットで調べて知ってからは毎回私はこの方法を使います(*'ω'*)

 

そして最後に気を付けなければいけないのが「水量」です!

ボウルに移し替えて砂抜きをする場合はご注意を!

あさりに呼吸させる必要があるので、深めの器で砂抜きはおすすめしません。

 

仮にボウルを使用する場合は、ザルを使ってあさりの貝がちょっと表に出るように工夫が必要です。

え?!あさりって呼吸するの??砂の中に生きてるのに!?って衝撃を受けた事があります…

生きてるんだから当たり前と言えば当たり前ですが、最初は衝撃でした(笑)

 

あさりの貝が少し水面から出てる様に配置することがとっても大切です!

なるべくバットや底の浅い広めの容器を使用して均等の高さに保つのがコツですよ!

仕上げにアルミホイル等で屋根を作ってあげれば待つだけです(^^♪

あさりの砂抜きは常温と冷蔵庫どっちがいい?

あさりの砂抜きは「常温と冷蔵庫」どちらが良いのでしょうか?

 

基本的に「常温」で問題ありませんが、暑い時期は冷蔵庫がベストです!

常温でも冷蔵でも、一晩おいてあさりが死ぬことはあまり無いですが、冷蔵庫だとあさりが冬眠の様に活動が鈍くなるので、時間はかかってしまうかもしれません。

水温が20度以上になるとあさりの活動も弱って死ぬので、温度が高くなりすぎない場所で置いておけば問題はないでしょう。

 

常温にせよ、冷蔵庫にせよ必ずアルミホイルなどで蓋をしてください!

暗所で砂抜きをしやすくする目的と、水を吐き出すので飛び散らないようにする目的です。

 

あさりが過ごしやすい水温は15~20度と言われています。

基本的にはシンクの付近に一晩放置していますが、夏場は冷蔵庫で安全を優先します!

 

早めに冷蔵庫に入れた場合、半開きで動かないあさりがいても仮死状態になっているだけなので、真水で洗って反応を見て下さい!

冬眠から覚めたあさりは洗っている振動などで殻を閉じたりするので、分かりやすいとは思います(^^♪

あさりが死んだら食べられない?

あさりを一晩砂抜きすると死ぬのかという疑問は解消されたと思いますが、最後にお伝えするのは「死んだあさり」は食べてもいいのかです。

結論は、死んだあさりは絶対にダメです!

見つけたら取り除いてください!

 

砂抜きが終わった段階で一度チェックしてください!

・腐敗臭はしていないか

・真水で洗っても半開きで動かないものは無いか

・砂抜き中も一切動いてない個体はいないか

あさりは死ぬと半開きの状態か、ベロのような「水管」がでろ~んと出たままになります。

 

様々な意見や諸説ありますが確実に言える事は、触ったり洗ったりしても一向に反応が無い場合は取り除きます。

買ってすぐ下処理して調理するときはOK!とは私は言えません。

 

砂抜きを一晩したら腐敗臭がハッキリと分かると思うので、臭いを出している個体は捨てます。

調理している最中に貝が口を開かないあさりがいたら、それも取り除きましょう。

元々開いて無いから食べれませんし、キッパリ諦めてその子はポイします。

 

このぐらいなら食べれるよ!気にしすぎじゃない?なんて仰る方もいらっしゃいますし、実際には平気だったよ!なんて方も多いとは思いますが…私はダメだと思ったあさりは捨てます。

大人の免疫と子供の免疫はやっぱり違うので、小さいお子さんがいらっしゃる場合は気を付けてあげても良いかもしれませんね!

まとめ

あさりの砂抜きを一晩すると死ぬ?常温と冷蔵庫どっちがいい?についてまとめました。

あさりの砂抜きを一晩すると死ぬということはありません^^

 

砂抜きをする際は常温でも冷蔵庫でもどちらでもよいですが、あさりが好む温度は15~20度と言われています。

夏場は室温が20度以上になることがあるので、冷蔵庫の方が安全ですよ!

 

適切な砂抜きをして美味しいあさり料理を楽しんでくださいね☆

© 2021 bright-future Powered by AFFINGER5